葬儀も多様化あなたが選ぶ葬儀のカタチ

>

納得の葬儀にするために抑えておきたいポイント

本人の遺志に沿った葬儀を

地域によって、また宗派によっても葬儀の内容が変わります。
周囲がなんと言おうと、一番良いのは故人が希望した葬儀だと思うのです。
その一例をご紹介しましょう。
生前に友人から葬儀社の紹介を受け、その中の斎場を指定していた方がいました。
指定した斎場は会場が広く大勢が参列しても余裕がありました。
最後に故人が望んだのは、その会場での家族によって見送られる葬儀でした。
交友関係者が多かったため、葬儀社の提案でお通夜のみの参列とし葬儀当日は故人の遺志通り家族と親族数人で見送りました。
昔とは違い、現在はさまざまな形式の葬儀が行われています。
お通夜と葬儀を行う葬儀式と言われる一般葬、親しい身内だけで見送る家族葬、お通夜と葬儀を行わない直葬の火葬式と選択肢が増えています。
少人数から大人数での見送りで規模が違う葬儀ですが、例のように故人の遺志で人数を調整することもあります。
よく相談した上で決めていきましょう。

気持ちよく故人を見送るためにできること

これから納棺だというときに慌ててプランを選んで気付いたら高額になっていたというのは、事前に葬儀社と相談していなかった方によくある話です。
プランを提示したものの集まった親族の考えの食い違いで話が進まず、葬儀社を困らせることがないよう親族の中で事前に相談しておくことをお勧めいたします。
故人が遺族を思い、困らないように互助会などに入って準備している場合は迷わずに済みます。
親族の代表を決め葬儀の希望をノートにまとめておけば事前に準備がなくても話が進められます。
葬儀のことなんて縁起でもないと敬遠する方が多いと思いますが、遺された者のことを考えると費用を決め希望を確実に伝えておくほうが余計な苦労をしなくて済むのです。
ベースになるプランを選んで、オプションで調整し詳細は後からでも変更できます。
親類の誰かがやるだろうではなく、いざというときのために準備して情報を共有しておくといいでしょう。