葬儀も多様化あなたが選ぶ葬儀のカタチ

>

「まだ若いから」は関係ないお守りの生前契約と見積もり

生きているうちに私らしく契約のススメ

家族の入院中にいつどうなってもおかしくないと病状の判断をされたとき、もしくは子どもに迷惑をかけたくない、独り身で頼る者がいないといった理由で生前契約や生前予約をする人が増えています。
葬儀の内容からお墓のことまで指示することが可能で、葬儀社や互助会、契約内容を預かる専門機関が責任をもって管理します。
預けた本人が亡くなると葬儀は遺族が行いますので、遺言書などを合わせて準備することによって確実に実行されるようになるのです。
生前契約は葬儀社選びから始まります。
葬儀の希望をどこまで受け入れてくれるか、葬儀内容の説明が丁寧か、何よりこちらの事情に寄り添い選択肢を提案してくれるか?が判断の基準になってきます。
落ち着いて内容が決められる、自分の好みのスタイルでできるという点で生前契約や予約はお勧めです。
互助会は葬儀の内容を決められるだけではなく特典も多いので生前契約の種類の一つとして考えるとよいでしょう。

葬儀内容と見積もりでわかること

事前に葬儀社をいくつか比較するときに見積書を並べると、どこまでが基本プランに含まれていてオプションになるのか見えてきます。
仮眠を取るための一組の布団のレンタル代の違いだったり、本当に些細な部分の金額に差が出ていて見積書を取れば取るほど迷いが出てくるかもしれません。
最後の決め手になるのは、予算内で故人や遺族の希望に一番近い葬儀の内容を提案してくれる葬儀社のような気がします。
話を進めるスタッフの人柄や心遣いも判断材料になるでしょう。
斎場が立派でもこちらの意向に沿ったものができなければ高い費用を払った印象になりますし、こじんまりした場所でもスタッフの気遣いや内容が充実していればいい葬儀だったと思えるのです。
自由に葬儀を選択できる時代だからこそ、どんなことが可能なのかじっくり検討することが大切なのです。